政治ニュース 【エルマウサミットの舞台裏(上)】安倍首相「中国の援助はアフリカ腐敗の温床」 対中牽制、議論をリード

 安倍首相が中国の問題を取り上げたのは、開幕直後に行われた「セッション1」の討議の中盤だった。

 「アフリカにおける中国の援助は、アフリカの人々のために本当に役に立っているのだろうか」

 各国首脳が自国の成長戦略を語り合う中、世界の経済成長を阻む要因として腐敗の問題が話題に上ると、安倍首相はすかさずこう指摘した。

 さらに「中国はアフリカやアジアの腐敗の温床になっている。援助先の高官に賄賂が贈られている問題を皆さんもご存じでしょう。経済利益があっても、G7が片目をつむってはいけない」とたたみかけた。

 続いて議論は中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)へ進む。首相は「AIIBは腐敗防止のガバナンスが不十分だと思っているから、日本は入らなかった」と説明した後、事務方の準備していた書類にはない話を始めた。

 「中国はフィリピンが『いらない』と言うのに金を貸し付け、南シナ海でトラブルが起きると『すぐに全額返せ』と言ってきた」

 「ミャンマーで『難工事になるから無理だ』というのに、無理やりお金を貸し付けて山奥にダムを造らせて、結局途中で工事は中断してしまった」

 その上でAIIBに関し「一件一件きちんと審査しないし、環境や人権に配慮しないのではないか」と問題提起した。

 AIIBにすでに参加表明した一部首脳は「わが国は日和見だった」と釈明。議長国ドイツのメルケル首相は「G7でAIIBに入っていないのは日本と米国とカナダ。自分たちは入ってしまった」とこぼした。

ただ、安倍首相はここで矛を収め、「AIIBに入った国も事情があったと思う。中と外という立場はあるが、お互いAIIBのガバナンスをきちんとさせよう」と提案する。これで欧州の首脳らも面目を保ち、「なるほど」と同意した。
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%80%90%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%82%b5%e3%83%9f%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%ae%e8%88%9e%e5%8f%b0%e8%a3%8f%ef%bc%88%e4%b8%8a%ef%bc%89%e3%80%91%e5%ae%89%e5%80%8d%e9%a6%96%e7%9b%b8%e3%80%8c%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%ae%e6%8f%b4%e5%8a%a9%e3%81%af%e3%82%a2%e3%83%95%e3%83%aa%e3%82%ab%e8%85%90%e6%95%97%e3%81%ae%e6%b8%a9%e5%ba%8a%e3%80%8d-%e5%af%be%e4%b8%ad%e7%89%bd%e5%88%b6%e3%80%81%e8%ad%b0%e8%ab%96%e3%82%92%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89/ar-AAcgSZV?ocid=TSHDHP#page=2

G7の参加国に中国は含まれていないから、安倍首相は陰口のように吠えることができた。
聞いている他国の首脳陣は辟易したでしょうね。
「安倍首相の中国への陰口かよ」って感じ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中