労働ニュース <元運転手の地位確認訴訟>解雇は「法人格乱用」 長崎地裁、不当労働行為と認定 

長崎市の運送会社「光洋商事」を解雇されたタンクローリーの元運転手4人が、労働組合員排除を目的に解雇されたとして、同社社長と同社から事業譲渡を受けた同市の「サカキ運輸」に社員としての地位確認などを求めた訴訟の判決が16日、長崎地裁であった。松葉佐(まつばさ)隆之裁判長は、解雇を「法人格を乱用した不当労働行為」と認定し、4人にサカキ運輸社員としての地位があることを認めた。【樋口岳大】
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi_region/region/mainichi_region-20150617ddlk42040319000c.html

組合員排除目的なんてなんたる前時代的か。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中