経済ニュース トヨタの米国人女性常務逮捕=麻薬取締法違反容疑―米から錠剤密輸か、否認・警視庁

警視庁組織犯罪対策5課は18日、米国から麻薬の錠剤を輸入したとして、麻薬取締法違反(輸入)容疑で、トヨタ自動車常務役員で米国人女性のジュリー・ハンプ容疑者(55)を逮捕した。同課によると、ハンプ容疑者は「麻薬を輸入したとは思っていない」と容疑を否認している。
ハンプ容疑者はトヨタ自動車初の女性役員。米ゼネラル・モーターズ(GM)や大手飲料メーカーペプシコを経て、2012年に北米トヨタ入り。今年4月、日本のトヨタ自動車の常務役員に就任し、渉外・広報担当を務めていた。
逮捕容疑は今月11日、米国から国際郵便の小包で、「オキシコドン」と呼ばれる麻薬成分を含む錠剤57錠を成田空港に輸入した疑い。
東京税関が小包を調べた際、袋に入った麻薬を発見。警視庁に通報した。同庁は個人的に使用する目的で輸入したとみて、麻薬の使用の有無についても調べる。
ハンプ容疑者は18日午前、東京都港区六本木のホテルに滞在していたところを逮捕された。
警視庁によると、オキシコドンは麻薬に指定されているが、医師の処方箋があれば鎮痛剤として使われる。モルヒネより強い効果があるとされている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00000001-jij-soci

「医師の処方箋があれば鎮痛剤として使われる。」とあるから鎮痛剤として持っていたんじゃないのか。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中