10代の女子高性が磯崎を「論破」したからといって、「安保法制問題」の「論点」がより明確になったわけではない

10代の女子高性が磯崎を「論破」したからといって、「安保法制問題」の「論点」がより明確になったわけではない。むしろ、稲田の「憲法にあっているかどうかなんてどうでもいい」というようなことを述べたのだが、その稲田の意見に安倍自民党の「本質」がみえる。それが「論点」である。自民党は「違憲」だということは充分、承知の上、行っている。であれば、なぜ「合憲」と「学者」に指摘されたいのか。それは「全く何も考えない大多数の日本人」の支持をとりつけるためだけである。
そもそもが「改憲志向」の「安倍自民党」が「日本国憲法」に照らして「合憲」であることにこだわるのが奇妙ではないか。
「安倍自民党」が「安保法制」を「学者」から「違憲」と指摘され、「合憲」だと反論するのは、「解釈改憲」という「違憲」が明白に「違憲」だと、国民に知られることを恐れたからだ。
「安保法制」だけではなく、「安保法制」を「違憲」と指摘した「長谷部 恭男」が協力した「秘密保護法」も「解釈改憲」の名のもと、「強行採決」されたではないか。
「秘密保護法」から「解釈改憲」という名の「めくらまかし」は進行している。
私は、稲田と違う意味で「安保法制」が「違憲」だからってどうでもいいじゃない、と。これはアイロニーである。
「論点」は「安保法制だけ」が「違憲」ではない。
それは「安保法制」を「違憲」と指摘した「長谷部 恭男」が協力した「秘密保護法」から「解釈改憲」という「遊戯」は行われてきた。
「論点」は「解釈改憲」である。
稲田が憲法なんかどうでもいいとか、高橋洋一が世界情勢が変化したから憲法なんか無視すればいい、というその戯言に安保法制に連なる「秘密保護法」から始まる「安倍自民党」の「解釈改憲」だとか言って、その実質は「安倍自民党の専制政治」こそが「論点」であって、安倍政権を支持するが、安保法制は支持しない、というバカげた「気分」を捨てない限り、さらに「安倍自民党の専制政治」は進行する。
「解釈改憲の問題」は「安保法制」だけではない。
そうはいっても学者の「安保法制」は「違憲」という指摘は、「安倍自民党の専制政治」を食い止める、飛車取りくらいになったかもしれない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中