第9条の文言を読めば、「集団的自衛権」や「安保法制」は「違憲」であることがよくわかる

「第二章 戦争の放棄 第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
第二項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」芦田修正により「国権の発動たる戦争」と「国際紛争を解決する手段」は「武力による威嚇又は武力の行使」を永遠に放棄したが、それ以外の「国民」の「自衛権」は確保された。つまり、国家間の戦争に巻き込まれることを第9条は「国民」の権利として「立憲主義」として縛った。そして、日本が侵略されたからどうだああだいうあほは「第9条」で充分、対応できることを理解しようとしない。
この第9条の文言を読めば、「集団的自衛権」や「安保法制」は「違憲」であることがよくわかる。
なぜなら、他国の攻撃にうんぬんかんぬんは「国際紛争」だからだ。
そのことに日本国憲法は「武力による威嚇又は行使は永久に放棄する」と宣言している。
日本国憲法第9条を読めば、「安保法制」も「集団的自衛権」も「違憲」であることは小学生でもわかる。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中