経済ニュース 緩和策は限界、40歳定年で成長を 柳川範之・東大教授  ←(教授は年齢いくつなの)

――それでは日本経済の成長力を上げるにはどんなことが必要でしょうか。

「いずれも反対が多い議論だが、労働市場の流動性を高める改革やグローバル化への対応などを実行して、実体経済をよくする政策が不可欠だ。私は、40歳で新たなことに挑戦する『40歳定年』を提唱している。その一番の理由は、技術の進歩とテクノロジーの発達、新興国のスキル向上のスピードがすごく速くなり、それに対応する人材の開発がすごく重要だと思ったからだ」

http://www.asahi.com/articles/ASH5X5DJPH5XULFA020.html
柳川範之・東大教授が「40歳定年説」を主張しているが、この東大教授の現在の年齢は?

柳川範之・東大教授のウイキペディアから見ると51歳。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E5%B7%9D%E7%AF%84%E4%B9%8B

だったらもう大学教授、退職してよ(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中