非正規問題は日本の労働問題の現在の中心である

日本共産党の母体は公務員である。国公だとか。そんな奴らが、ブラック企業や非正規問題に真剣に取り組むわけがない、と私は考えてしまう。とはいっても非正規問題は日本の労働問題の現在の中心である。この問題に連合も今頃取り組みはじめた。
連合の一人では入れない労組というのは奇妙ではないか。連合の話では企業でまず労組を立ち上げて加盟してくれということだ。だが、西洋の労組は個人加盟が当然で、大労組の傘下の労組に個人が加盟し、執行部に権限を集中化させ、産別や職能別で大集団の意志で政界も巻き込み、労働者の権利が守られる。だが、日本の労働界の代表と言われる連合と全労連がいつから日本の全労働者の代表になったのか。その組合から排除された下層労働者の大群の声を無視するのが「労働者の代表」なのだ。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中