労働ニュース  「セブンイレブン 江東毛利一丁目店」のフロムエーナビ求人広告が切実すぎてヤバい

© ロケットニュース24 提供 (ロケットニュース24 / ソシオコーポレーション)

「就職氷河期」という言葉も今となっては昔のこと。現在では人材不足で悩む企業も少なくない。そう、時代は常に流れているもので、現在ひとりのコンビニエンスストア店長が危機に立たされているのも時の流れであろう。

そのコンビニとは、東京都江東区毛利にある「セブンイレブン江東毛利一丁目店」。この度、危機に悩む店長はフロムエーナビに求人広告を出し、切実すぎるほどの危機的状況を訴えている。ホームページを覗いてみると、店長の悲痛な叫びが次のように記されていた。

・どうヤバいのか

このまま人が増えなかったら、わたしが24時間営業になってしまう。

なんてうまいこと言ってる場合じゃない。深夜勤務は現在2名。とてもじゃないけど足りません。時給はあげたしセキュリティも万全。ヤンキーも集まりゃしない。難しいことは頼みません。品出しと簡単な接客をしてくれればいい。誰でもいいので助けてください。

……といったように、深夜時間帯の勤務人数が足りずに困っている店長の切実な気持ちが、一語一句ストレートに表現してあった。特に「誰でもいいので助けてください」という最後の言葉が、その切実さを物語っている。

・限界に達している店長
なんとかなると思いきや、人材が集まらなければお店にいなければいけないのが店長の宿命だ。しかし店長も同じ人間で、24時間戦える訳ではない。ついには「たくさんの応募がくる夢まで見てしまった」というだけに、悩みは限界にまで達しているのだろう。

http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e3%80%8c%e3%82%bb%e3%83%96%e3%83%b3%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%83%96%e3%83%b3-%e6%b1%9f%e6%9d%b1%e6%af%9b%e5%88%a9%e4%b8%80%e4%b8%81%e7%9b%ae%e5%ba%97%e3%80%8d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%a0%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%93%e6%b1%82%e4%ba%ba%e5%ba%83%e5%91%8a%e3%81%8c%e5%88%87%e5%ae%9f%e3%81%99%e3%81%8e%e3%81%a6%e3%83%a4%e3%83%90%e3%81%84/ar-BBkfnAG?ocid=TSHDHP

「セブンイレブン 江東毛利一丁目店」のフロムエーナビ求人広告
http://www.froma.com/RQ38245797_ED1/

深夜勤務が問題ですね。それはさすがに人が集まりにくい。
ところで深夜は6時から9時の950円の1.25割増しでいいのか。
1188円だな。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中