日本というシステムの崩壊についてのごく短文

日本というシステムは、自分はそんなことは嫌だが(上司の引っ越しの手伝いとか)それをすることによって見返りとして自分の利己的欲望を実現できるからイエスマンを演じてやろう、が、支えていた。
だが、もう現在はその見返りを期待できないから、あちこちで国民の逆襲がはじまっている。その逆襲を恐れているのが安倍自民党や財界・官僚である。その恐れは強権発動という形で表現される。なぜなら、強権発動は、強権することでしか抑圧できないことでもある。その強権することでしかできない抑圧が恐れであり、ヒステリー、である。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中