ブックレビュー「憲法「押し付け論」の幻」

日本国憲法の核心は国民主権であることと手厚い人権保障である。なぜなら、国民主権を憲法に書き込んだのは日本の高野岩三郎、鈴木安蔵ら日本の学者らであって、彼ら学者は、国民主権を明治初期の植木枝盛の日本国国憲案から受け継いでいる。日本を占領したGHQのマッカーサーやアチソンの大日本帝国憲法改正の要求の原則には天皇の大権を制限することは決まってはいるものの、国民主権は存在していなかった。
日本国憲法は明治の初期の自由民権運動の国会開設・憲法制定を要求した運動の達成とみてよい。そう言い切っていい。 であるならば、日本国憲法をアメリカからの押し付けという論者たちは、日本国民を侮辱していることになる。とりわけ土佐藩の士族の自由民権運動を侮辱している。日本国憲法をアメリカからの押し付けという連中こそが日本の歴史に対するヘイトを行っている。
だが、その日本の歴史に対する敬意が本書を生んだのだが、ここで一歩先に考えると、そもそも憲法は自国の国民や政府に限定されて作られるものなのか。憲法とは法である以上、内容がその法の価値機能を果たせば充分なのであって、アメリカ人が作ろうが、中国人が日本国憲法を作っても構わないのである。というか誰が作ってもいいし書いてもいい。その後、議会で可決されるかどうかである。
日本国憲法は、美濃部達吉だけが反対し、ほかは議会で圧倒的に賛成された法であって法律の手続きにおいてきわめて正当な憲法である。
その議会の制定途中に、アメリカからの陰謀を見るのは「反知性」である。
その「反知性」の首相である安倍が公然と議会を無視しだした。
だが、奇妙なことに「反知性」の首相の安倍は、アメリカ議会は無視しないのである。
その安倍のアメリカ議会での「演説」こそがアメリカからの「押し付け」である。
そして、日本国憲法がアメリカからの押し付けであるならば、首相の安倍はアメリカ議会でそう演説すればよかったではないか。
この対米従属の姿に外交の得意な安倍を見出すのは妄想である。笑わせる。
安倍首相の存在こそ、いや、自民党の存在こそが日本国民に押し付けられた不快な「専制権力」である。
自民党はCIAに作られた「専制権力」であり、その「専制権力」がなにを日本国憲法をアメリカからの押し付けと騒ぐのか。
日本会議も櫻井よし子はその「専制権力」のお追従者である。
「専制権力」は日本から撤去されなければならない。
そして日本国憲法の理念を国民が自ら一歩一歩実現することこそが、明治初期の自由民権運動の国民の声に呼応することであり、そのことが「国民の創生」である。いまだ日本には「国民の創生」は途中段階である。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中