日本国憲法はアメリカからの押し付けという説を日本会議や安倍首相はアメリカ本国で言えよ

日本国憲法がアメリカからの押し付けであるならば、その憲法に不満も満足もとくに抱いていない日本国民にアメリカからの押し付けだと内向きに威張り散らしていうのはいささか恥ずかしいことこの上ない。私は提案する。日本会議はアメリカに行って日本国憲法はアメリカからの押し付けの演説旅行をしてこい、と。もしくはロビー活動でもしてこい、だ。

押し付けた側の主体がアメリカであれば、その主体に、あのう我が国の憲法は貴国からの押し付け、軍事占領下に押し付けた憲法だから国際法違反という日本会議の「自説」をアメリカに行って主張してこい。それができなければ「愚痴」や「陰口」と変わりない。

日本会議をはじめとした日本の金持ち右翼は、日本国憲法が国際法に違反している、とことあるごとに言っているが、そう判断するなら国連や国際司法裁判所だとか、そういう国際機関で主張してほしい。アメリカに乗り込んでからアメリカからの押し付けだとアメリカ人に向かって主張してほしい。

安倍首相は日本国憲法がアメリカからの押し付けという持論をアメリカ議会で演説すればよかったではないか。なぜ、その絶好のチャンスを失ったのか。押し付けた側がアメリカであればアメリカに言えば済む話であって、なぜ、現在の憲法に不満を抱いていない国民に内向きに威張り散らしていうのか。安倍首相は今からでも遅くはない。ニューヨークにいって日本国憲法はアメリカからの押し付けだと主張してこい

いつまでも本質的な反対が出ない日本国内で内向きに威張り散らしてアメリカからの押し付け、押し付けと騒ぐのは、「愚痴」か「陰口」でしかない、
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中