安倍政権の「対米従属的姿勢」は、自らの軍国主義の理由づけだが、よけい、わけがわからなくなっている

安倍政権の「対米従属的姿勢」は、自らの軍国主義の理由づけだが、よけい、わけがわからなくなっている。なぜなら、憲法を無視して「脱法行為」を行ない、「日米安保」を盾にして、軍国主義的姿勢を批難されるのをさけて、「丁寧な審議」をすれば妙に「穏やかな防衛体制」を作ることができると国民に思わせようとしているが、ヤマトンチュの大多数は、その安倍の「穏やかな防衛体制」には騙されるが、毎日、米軍機の轟音に悩まされる「沖縄人民」は騙されない。それはたとえ、自民党出身の政治家・翁長氏でさえ、もう安倍自民党の「詭弁」にはうんざりしている。
そのうんざりが「辺野古基地移設反対」の声である。
もう、沖縄は日本から離れていく。そのことをマクロの歴史的視点からみて阻止できない。
アメリカは地域住民の声を無視できないから、アメリカも「翁長氏」の声を無視できなくなるだろう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中